高齢者にも人気?!パソコン教室に通うおじいちゃんおばあちゃんが増えている話

高齢者の趣味になりつつあるパソコン事情

近年、パソコン教室に通う高齢者が増えています。インターネットに興味を持たいるのは勿論ですが、自分の趣味をパソコンに収めておきたいと考える方も多いようです。例えば盆栽や園芸などを楽しまれているおじいちゃんおばあちゃんは、その作品を写真に撮ってパソコンに残しておくのです。そのほかにも旅行に行った記録などを残すために、ホームページやブログを作成する方もおられるとか。写真編集から記事作成まで、お手の物というから、すごいですね!

お孫さんとのメールも楽しめる!

おじいちゃんおばあちゃんにとって、お孫さんは可愛くて仕方がないものでしょう。そんなお孫さんも、中には住居が離れていてなかなか会えないという方もおられます。パソコンができれば、お孫さんとのメールのやり取りも楽しめて、近況も知らせ合えます。メールを学ぶことで、お孫さんや仲間ともコミュニケーションが取れることが、高齢者の方にとっては魅力なのです。パソコン教室では、メールのやり取りや画像の添付方法、文のコピーの仕方なども学んでいきます。

パソコン教室で脳の活性化対策

高齢者がパソコン教室に通うことは、認知症の予防にもつながります。パソコンの作業は語学力も要りますし、キーボードを打つことで指先も使います。非常に脳の活性化になって良いのです。インターネットやパソコンは若者の間だけでなく、高齢者も活用する時代になりました。中にはエクセルで家計簿を付けるなどのスキルもあるおばあちゃんがいるくらいです。パソコン教室に通って仲間や先生とお喋りすることもまた、脳の若返りになることでしょう。

パソコン資格は必要ないと決めつける人がいますが、持っていて損をするわけではありません。資格を持っているからこそ、生きてくる何かがあるはずです。資格を取ることではなく、勉強の過程が財産となります。