落とされたくない!会社を問わず共通しているクレジットカードの審査基準とは?

収入や勤続年数!大切な社会的信用

クレジットカードの審査基準として最も大切になるポイントが「社会的信用」です。ある程度の収入を得ているだけではなく安定した収入が必要になったり、同じ会社での一定以上の勤続年数が必要になるんですよ。近年では、雇用形態の複雑化やフリーターや契約社員の増加といった理由から、収入の多さよりも安定した収入を重視しているクレジットカード会社が増えています。また、審査申し込みをする時点で就職して勤務している日数が浅い方の場合は、半年以上の勤務実績を作ってから審査を受ける事で通過する可能性を上げる事が出来るんですよ。

過去のクレジットカードの利用も審査に含まれる

審査基準には、過去のクレジットカードの利用実績も含まれています。申し込みをした会社だけではなく、全てのクレジットカード会社での過去の利用から審査の判断が行われます。意外と知られていないのが、携帯電話の機種代金を分割払いも審査基準に含まれるといった点です。携帯料金を滞納している場合は、しっかりと支払いをしてから申し込みをする事が大切になるんですよ。また、過去の利用実績は利用した金額ではなく返済トラブルを起こしていない事が最も重要となります。

過去に返済トラブルを起こしている場合

クレジットカード・キャッシング・携帯電話の分割払いで過去に滞納や遅延を起こしている場合は審査に通過出来ない事も珍しくありません。返済トラブルの記録は信用情報機関に残されてしまうので隠す事が出来ないんですよ。しかし、完済してから5年経てば記録が削除されるといった特徴があります。ブラックリストではない方も記録は残ってしまうので、普段から様々な支払い期日をしっかりと守る事を意識する事で審査に落ちない信用を得る事に繋げれるんですよ。

クレジットカードの審査は、とても早い時間で終わるので急いでいる人には大変便利で、効率よくクレジットカードを作れます。