なるほど!株の信用取引のメリットとデメリット

株の信用取引とは何だろう?

株の信用取引とは証券会社に自分を信用してもらうことによって、持っているお金以上の取引を行うことができる方法です。レバレッジをきかせることができます。しかし、借りているお金を使った取引になるので、6か月以内に返済しなければならないというルールがあります。さらには、大きく損をしてしまう可能性もあるので、きっちりとした資金管理のもと取引を行う必要があるのではないでしょうか。それなりの経験を積んでから挑戦することをおすすめします。

株の信用取引のメリットとは?

株の信用取引をすることで、利益を大きく伸ばすことが可能になります。本来持っているお金より多くのお金を使って取引をすることができるので、それだけ大きなチャンスをつかむことができるのです。株の信用取引を利用することで、一気に資産を増やすことも考えられるでしょう。そして、流れに乗って取引をすることができると、加速度的に資産が増えていきますよね。取引する能力によって、大きな資産を手にすることができるのではないでしょうか。

株の信用取引のデメリットとは?

株の信用取引を利用するということは、証券会社から借金をしているということになります。そのため、株価が思っていることと反対の動きをした場合、大きな損失を被ってしまうことがあります。証券会社から借金をしているので、資産がマイナスになってしまうケースも発生します。その時は、追加で入金することを求められてしまいます。そして、追加で入金ができなければ口座にあるおかねは引き出すこともできなければ、新しく取引をすることもできないという措置が取られるでしょう。

株の信用取引とは自分の持っているお金よりも多くのお金を扱うことができるので、より大きな収入を得ることができるメリットがあります。