資格は計画的に勉強するよりも勢いが大切!3つの取り組み

思い立ったらすぐに試験を申し込む!

資格を取得することを考えたとき、いつ受けようか、いつから勉強始めようかと悩むのではなく、すぐにその日に近い試験を申し込みましょう。これによって無駄に時間をカットすることができ、勉強しなければならない状況に追い込むことができます。よって、十分に集中して取り組めるようになり、時間を無駄にすることなく勉強するようになります。注意として、難易度が高い場合はある程度余裕がなければ厳しいので、難易度をチェックすることがオススメです。

参考書で学び、予想問題を解きまくる!

資格の勉強に必須なのは、参考書になります。このとき、どれにしようかと悩むのではなく、直感的に『これなら取り組めそう』と思ったものを購入すると良いです。その1冊をとにかく完璧にし、必要な知識を身に付けることが優先となります。そして、それらを確認するために資格試験の予想問題に取り組むと良いでしょう。可能な限りたくさん問題を解き、自分の知識を確認することが大切です。何より、問題を解くことに慣れるので、必須の勉強法となります。

過去問を解いて自信をつける

資格試験において、最後の仕上げである過去問を取り組むことは重要です。実際にどういう問題が出題されたのか、どういう形式になっているのかを知ることができるので、実践レベルで確認することができます。試験独特の出題方法に悩むことがないように、可能な限り、過去問をたくさん解きましょう。また、正答率が上がってきたら自信に繋がり、本番も正答率が高くなるだろうと考えることができます。知識の確認にもなるので、試験ギリギリまで取り組むようにしましょう。

社労士の講座の魅力として、試験に出題されやすい範囲を重点的に学べることや、講師の質が高いこと等があります。