行政書士になるのにお金を掛けるな!合格へのカギは基礎知識

法律を学ぶ上で重要なことはセンス

法律家には弁護士や司法書士など数多くありますが、法律の知識が無い方でも勉強をし易い環境にあるのが行政書士試験です。行政書士の仕事は官公庁へ提出する書類の代筆を主としているため、日本語が理解できなくては話になりません。法律の試験で数多く出題される民法は全部で1000条ほど、民法を読んで大凡の理解が出れば試験合格への才能あり、民法を読んで他の法律も知りたい欲求が湧く方は法律家へ近づく素養があると判断しても宜しいです。

独学でも合格可能な行政書士試験

2001年に行政書士をメインにした連続ドラマの影響もあり、法律の基礎知識がない方までも受験したために行政書士試験の合格率は著しく低下しました。近年はブームも落ち着いていますが、スキルアップをする方にとって行政書士の勉強は法律の登竜門でもあるため、専門学校や通信教育などで気軽に勉強できる環境が整っています。大学で法律の基礎知識を学んだ方であれば、試験に出題される傾向と対策を載せた本を購入して独学で合格することが十分可能です。

費用対効果を考慮して勉強する

行政書士になる為の勉強ができる専門学校は20万円程、通信教育で5万円が必要になります。行政書士試験に挑む方は多く、古本屋に行けば定価数千円するものが数百円で購入可能、法律の基礎知識がある方であれば必須科目を揃えても数千円で試験に合格できるスキルを身につけることが出来ます。ドラマでの行政書士は事件を解決するなど華々しく演じられていますが、実際の業務は陸運局による車の名義変更が主です。名義変更手数料は1件1万円ほどになるため、大学に入学したら早々に資格を取り、大学在学中はアルバイト感覚で名義変更の業務を熟すと良い稼ぎと社会勉強になります。

行政書士の試験は年に一度しか行われていません。申込みの期日などには注意をしておいて、試験当日までの勉強スケジュールには気をつかいましょう。